忍者ブログ
DUB-O(コトリブラックバード/KILL THE POST/ダブリーヌ・ドヌーヴ)の日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HEY BOY!それで自由になれたのかい?


・またさむくなってきてかなしい。一刻も早く夏になって欲しい。

・昨日こんどうさんから小説の感想をもらって、返信メールを打っていたらいろいろ今の状況が整理されてきた。

俺はいままで過剰なくらいになんか作るときは「時代性を伴ったリアル感」みたいなものにこだわってきたんだけどさ、それが逆に作品のキャパを制限していたんだよね。だからすぐ古くなっちゃうの。作ったものが。

なんかそういうのが年とったせいかもしれないんだけどさ、ばっかばかしくなってきてさー。くだらないよね。10代が考える2009年のリアルと40代が思う2009年のリアルが同じわけないっつうの。

それをさ、YO!これが俺のリアルな新宿スタイル!みたいなさー。人の数だけリアルはあるだろうに。勝手にいじけて裏道を選んだくせに、大通りを歩く人たちを攻撃することで自分のアイデンティティを確認するとかさ。ひどいよね。他人の生活を思いやる想像力がないただの馬鹿のくせにさ。

そういうわけで、何年か前に書いた小説なんて怖くてWEBにUPなんか出来なかったんだよね。自分でも分かってるのに、他人から「古いね」なんて言われたらもう死にたくなるからさ。

でもね、今月RCサクセションばっかり聴いててさ、古いものが別に悪いわけじゃないってことに気がついたんだよね。胸がつまってぐっときて涙が出るものは、古いとか新しいとか関係ないんだよ。そんなものは物語を動かすただのツールなんだよ。心が動くのはそんな上っ面じゃないんだよね。そんなもんはどうでもいいことなんだ。スタイルやモードなんてどうでもなんでもいいんだよ。本質だけしっかり捕まえておけばそれでいいんだ。

重要なことはさ、作品が出来て、もしも1人でも喜んでくれる人がいるならば、くだらねえことグジグジ言ってないで、どんどん表に出しちまえ!というさ、態度と覚悟だと悟ったんだよね。人生は短いし。

自分が勝手に、頼まれてもいないのに、好きで作ったもので誰かが喜んでくれるなら、そんなの最高じゃん。それでいいじゃん。そこに何の問題もないじゃん。そりゃ多少は叩かれるかもしんないけどさ、押入れに寝かせて置くよりはWEBにあげた方が建設的だよね。思わぬところで誰かの役に立てるかもしれないしさ。

それと個人的には作品うんぬんよりも、いま俺がこんなことをやってるというタイミングになにか意味があるんだと思う。

なんか欲しいんだよね。うん。なにか欲しい。なにか手に入れたいんだと思う。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
 僕はDUB-Oさんの小説と記事を読んでいたら何かを表現してみたくなりました。諦めかけてたものとか、チャレンジしてないたくさんの事とか。もう一度頑張ります…!
 ありがとうございました。
cake 2009/05/14 (Thu) 13:20 編集
ありがとう!
うう。cakeさん。ありがとう!

今となってはあきらめたって別にいいんだよとも思うんだけどね。

ん、チャレンジしてないたくさんの事があるって気付けたのは良かった。世界が広がったね。何かぴったりくるものが見つかるといいよね。

うん。ありがとう!何度でも頑張ろうぜ!


ダブリーヌ 2009/05/14 (Thu) 13:47 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
(09/27)
(09/27)
(09/22)
(09/22)
(09/21)
連絡先はこちらです。
dubfree@gmail.com
PODCAST!!
VOON Podcast Feed
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]